2008年08月17日

カスタム完了

リフレッシュも兼ねて駆動系イジり
あとはプラグコード、プラグ交換
更に、ホンダのミニバイクはIGコイルが共通の車種が多い様子
ジョルノのIGコイルを外したら劣化しててボロボロになったので、XR100モタードで使用していた純正IGコイルを使用しました
XR100ではKITACOのスーパーイグニッションコイルに交換してたんで
というか、ジョルノもそれを導入しようかな、と
イリジウムプラグを投入してしばらくは良かったんだけど…
かぶり気味
ノーマルプラグのが良いっぽい
なのでイグニッションコイルでスパーク増強、と
ホットワイヤーは高いんで却下

ちなみに、イジった後の結果

まずドノーマル
0〜30km/h:3.53秒
0〜50km/h:8.69秒
最高速:58km/h

イジった後
0〜30km/h:2.8秒
0〜50km/h:5.8秒
最高速:平地で70km/hチョイ

う〜ん楽しい…

イジるというよりリフレッシュかな
クラッチシューが相当減ってたんでこれも交換
エアフィルターも一度も交換されていないみたいなのでこれも交換
あとはマフラー
絶対に詰まってるから交換必須

これをどうしようかな、と考えていたら良いモノ見つけました
KN企画の純正タイプマフラー
台湾生産で、純正よりちょっと抜けが良いみたいです
http://www.kn926.com/top.html

対応車種は
ディオ/SR(AF18/25 全車種)
スーパーディオ/SR/ZX /バハ /FIT (AF27/28 全車種)
Gダッシュ
タクト/スーパータクト/タクトS  ジョルノ(AF24、30、31

との事

今の純正は錆びまくりで穴も空きそうなんで交換せねば
純正マフラーはパーツリストで見たら13800円でした
まだ手に入るかは不明
posted by こーいち at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

メンテナンス完了

走行1895km、との事でしたが、恐らく11895kmでしょう
メーターが4桁しか無いから1周してるのは確実
というのも、駆動系が死んでました
更に、プラグは錆び錆び…
茶色くなってるプラグなんて初めて見たわ…
駆動系は本当にノーメンテだった模様
開けたらビックリ
凄いベルトのカスが…
ウェイトローラーも凄い片減り…
ベルトは新品と比べて2mmほど磨耗…

さて、リフレッシュ!
DIO系イジってる方にもオススメパーツです
ジョルノは縦型DIOと同系なんで
ライブディオになるとまた変わってきますが
でもライブディオのが戦闘力は高そう…

webikeで注文したけど夏季休暇というので待ち切れず
ライコとドライバースタンドで購入

・KITACO ハイスピードプーリーキット タイプ3
・ZERO ウェイトローラー8g×3個
・ZERO ウェイトローラー8.5g×3個
・DENSO イリジウムプラグ
・テイラー シリコンプラグコード

ウェイトローラーは純正状態だと11gというのが確定
デイトナのカタログ見たら書いてありました
で、ハイスピードプーリー装着状態での推奨セッティングが
8g×3個、8.5g×3個というのでそれに従って購入
あとはwebikeで前に注文しておいたPOSHのVベルト

さて、交換
アドレスでやっているんで簡単簡単
駆動系はイジるの簡単なのに効果絶大でイジった感も満点で大好きです

純正で1万km以上走った状態のモノを新品に変えればそら変わります
超激変しました

というか、今までよくこんな状態で走れてたな、と…
それくらい酷い状態でした

慣らしって事でハーフスロットル固定で走ってたら気付けば60km/hオーバー
ちょっと引っ張ってみたら普通に70km/h出ました
もう本当に加速が軽い!
50ccにしちゃ速いです
今までの35km/h〜のパワーバンドの感覚が、発進と同時に発揮される
そいで、エンジンも回り過ぎる事も無く、スムーズに60km/hオーバーまで到達する
何か4stみたいな乗り味になってしまったけど
でも瞬発力はやっぱり2stって感じ

あとはDENSOイリジウムとプラグコード交換もデカい
プラグコードはXR100の純正があったからそれを使用
根元から上手いこと抜き取って直付け

で、これが本当にまた効果絶大!
セル4、5発じゃないとかからなかったエンジンが一発始動!
そして特筆すべきはアイドリングの超絶安定と、振動の超軽減
振動の軽減は本当に驚いた
爆発が大きくなるから増えると思ってたのに物凄い静かになった

いや〜気持ち良い!
あとはチョロチョロとパーツが届く予定なんでそれも装着して様子見

しかし50ccも侮れないなぁ
こんだけ走ってくれりゃ超満足です
必要十分に速い

参考までに今回交換したパーツ

KITACO:キタコ/ハイスピードプーリーキット タイプ3

KITACO:キタコ/ハイスピードプーリーキット タイプ3 ライブDIO


ZERO:ゼロ/ハイプレクション・ウェイトローラー ホンダ用16Φ/8.0g 

ZERO:ゼロ/ハイプレクション・ウェイトローラー ホンダ用16Φ/8.0g 


ZERO:ゼロ/ハイプレクション・ウェイトローラー ホンダ用16Φ/8.5g 

ZERO:ゼロ/ハイプレクション・ウェイトローラー ホンダ用16Φ/8.5g 


CF POSH:CFポッシュ/レーシングプーリーベルト

CF POSH:CFポッシュ/レーシングプーリーベルト DIO


DENSO:デンソー/イリジウムパワープラグ IWF20

DENSO:デンソー/イリジウムパワープラグ IWF20 Giorno


テイラー/プラグキャップ付きシリコンプラグコード

テイラー/プラグキャップ付きシリコンプラグコード


総額で1万チョイ
それでこんだけ快適に、しかも超絶に速くなるんなら最高!
次はタイヤ交換だなぁ
posted by こーいち at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

パーツ発注

出だしの遅さだけが気になるんでパーツ発注
35km/h〜55km/hのあの加速感を最初から発揮出来るようにしたいな、と
PPSミニシルバーで0〜20km/hはちょっと改善されたけど
最高速は求めないんで、とりあえず加速を良くしたい
あの車体で80km/hとか出したら恐いですからねぇ
まぁ70km/h出れば御の字って感じです

で、発注したパーツ
縦型DIO、スーパーDIOと共通らしいんで共通のパーツ多いですね
ウェイトローラーがDIOが8.5g、ジョルノが11gらしいんで、違いはそこらへんぐらいでしょうか
DIO乗りの方にも参考になるやもしれません
というわけで、発注したパーツ

・Splitfire ツインコアシリコンプラグコード
・DENSO イリジウムプラグ
・KITACO ハイスピードプーリーキットタイプ3
・KITACO スーパードライブフェイスタイプ3
・KITACO スーパーローラーセット(9g×6個)
・KITACO 強化クラッチスプリングセット
・KITACO スーパースロットルセット
・POSH レーシングプーリーベルト

別で注文しまくったから、間違えてPOSHのVベルトを注文してしまった…
全部KITACOでまとめようと思ってたのに…
まぁ大した違いは無いでしょう

次に手を付ける予定なのは
・カメレオンファクトリー センタースプリングスライドシステム
・DAYTONA 強化センタースプリング
・NRマジック V-SHOCK Finalマフラー
・KITACO 軽量強化クラッチキット

とまぁ、ここまではやるつもり
その後は様子を見つつ、パワフィルやら入れてMJセッティングしたり…
今のところはこれでイきます

今のドノーマル+PPSでのタイム
0〜30km/h:3.53秒
0〜50km/h:8.69秒
最高速:58km/h

イジってどれだけタイムが縮まるか…
ある種の実験です
楽しみにしてる人などいなさそうなので、自己満足です
posted by こーいち at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

納車

足立区まで取りに行ってきました
生まれて初の原付
ホンダのジョルノ
P1020109.JPG

0〜30km/hまではやっぱり遅い
が、35km/h〜55km/hまでは結構速い
35km/hからスイッチが入る感じで一気に加速する
ここらへんでパワーバンドに入ってるみたい
再加速も、ここらの速度域だと結構アクセルによく応えてくれる
ここらへんはさすが2st

最高速は法廷速度ピッタリの60km/h
リミッターは無いらしいんでプーリーの限界なんでしょう
ハイスピードプーリー注文しました

やっぱりちょっとイジらないと恐いです
車体は原付なんで舐められる、煽られる

バスに思いっきりクラクション鳴らされたし…
普通に車間距離20mくらいあったから左折で通りに入ったら
「ぷ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」
と、超長いこと鳴らされた
バックミラー見ても10m以上離れてるけどなぁ…
つーか入れさせてよ!
減速したからてっきり入れてくれるもんだと思ったら再加速してやがった
バスの運転手は良い人もいるけどウザいヤツも結構いる
ストレス溜まってんのか知らんけど

以前、免許取立ての頃、イナズマ400でバスの横通った時左寄り過ぎて縁石にガリっとぶつけてしまった
それをバスの運転手は勘違いして
「バスに当たった」
とか言って道路(渋滞スポット)のど真ん中に乗客放置で下りてきて絡まれまくった
免許取り上げられてそのまま営業所まで連れていかれました
俺は
「絶対に当たっていない」という自信があったけどあまりにもしつこいんで
「多分コレ、当たった跡だから」
とか言われたけど普通に同じような跡が何箇所もあるから分からんつの
凹んだりしてりゃ分かるけど
黒い擦ったような跡見せられても

で、営業所着いて
「当たっていませんでした」


お詫びも無く、そのまま帰された
KOバスうぜぇ!
今でも見るたびにあの時を思い出します
すげぇ晒し者にされて恥ずかしかったっつの

とかそんな事を思い出しつつ帰宅
走行距離50km
原付での50kmは長く感じます

ケツ痛い
振動で体がしびれてる

でもまぁ楽しい乗り物ですな
めっちゃくちゃ軽いし
軽過ぎて恐いけど

一度警察に止められかけたけど、黄色ナンバー見て去ってった
やっぱりモノ自体は原付だからなぁ

しかしウェイトローラーの重さが謎だわ…
DAYTONAのところには8.5gって書いてある
別のところ見たら11gって書いてある
どっちが正しいんだろうか…
DIOと同系エンジンだけど、DIOは8.5gでジョルノは11gだったような気がするんだけども

明日重さ量ってみよう

ま、無事に帰ってこれてよかった
あと、4st50ccにしなくて良かったと思った
2stでもコレだから4stだともっと遅いんだろうなぁ…
燃費が良くてもそいつぁ無理だわ
posted by こーいち at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ジョルノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする