2017年10月19日

カブ110 ビッグスロットルボディ装着

新型カブが発表されましたね
今の中国組み立てから日本組み立てに戻るそうで
熊本の工場ですね
見た目はJA07と似ていて丸目ヘッドライト
ヘッドライトはLED採用
値段は現行から3万円だか4万円ほど高くなるそうです

あとは125ccバージョンも出るとかいう噂も
海外じゃ普通にドリーム125とかありますからね
125ccは良いなぁ

でもこれで無駄に高騰してるJA07も値落ちするでしょうね
今までが異常だったんでしょうけど

しかしシグナス買う時も次期モデル出る直前
今回カブ110買えば国内生産に戻ります、と…

まぁ…
安かったから良いですよ…
えぇ…
自賠責2年込み乗り出し20万ですから…

買い換えはしない予定ですのでね
JA10を乗り潰します
中華カブとは言え、カブの乗り味とかフィーリングが気に入ったもので
自分にしては珍しくこれはセカンドバイクとして乗り潰すでしょう
恐らくですけどw



さて、前々から気になっていたビッグスロットルボディ
今まで出てたのはクリッピングポイント社、東京堂
ふとKITACOのHP見てたら新商品として出ているではありませんか…

ECUエラーの消去、スロットル開度リセットの方法とカプラーも一緒になってます
確かあのカプラーだけでも純正で頼んだら1000円とかしたはず
総合的に見てこっちのがお得なのかな
説明書も丁寧でした


キタコ KITACO/ビッグスロットルボディセット

キタコ KITACO/ビッグスロットルボディセット スーパーカブ110/プロ


FIコンのimapもポン付けのものが…
買おうかな…
でも買ったら絶対にハイカムも組みたくなっちゃうんだよな…
泥沼が加速する…


キタコのビッグスロットルは値段は両者の中間よりちょっと安いくらい
税込み9700円で実売9000円ほどですね
C社のものより3千円ほど安く、T堂のものより入手性が高い
カプラーやら付いてるしメーカー保証もあるし

ってので決定
購入、到着、開封
DSC_0177.jpg

各社出してますが、オリジナルというわけでもなく多分何かタイカブやらの流用品だとは思うので…
どれ買っても同じかな、と

一応装着前、装着後で動画撮影しました
カメラの固定が難しくてカメラを上下逆にして撮影してひっくり返してタイム計測してるので斜めからになってるわ何やらで分かりづらい

なので
計測開始は針が動き始めた瞬間から
1速:30km/h
2速:60km/h
3速:80km/h
4速:〜90km/h
と決めてシフトアップしてそのタイミングでタイム計測しました

とりあえず装着前の加速
変更点は
・キタコ クラシックダウンマフラー
・エアクリ加工+デイトナターボフィルター
・スプロケ15丁
・NGK パワーケーブル
です


30km/h:2.97秒
60km/h:7.97秒
80km/h:14.28秒
90km/h:20.39秒

という結果

純正状態の期間がほとんど無かったので比較にもなりませんけども…


で、ビッグスロットル装着後

    交換前   交換後
30km/h:2.97秒 → 2.87秒
60km/h:7.97秒 → 7.34秒
80km/h:14.28秒 → 13.28秒
90km/h:20.39秒 → 19.35秒

大体80km/h到達で1秒くらい速くなってる感じですね
60km/hまでは0.5秒くらい

大して速くなってないように思えますが、高回転までブン回してるからってのもあります
中速域が分厚くなったのと、スロットルレスポンスは明らかに向上しているのですが、ハイカム付けてるわけでもなく、純正も高回転でパワーが盛り上がる特性でも無いので大きな差は出てません

が、実際に運転していると中速域からグイっと引っ張られる感じの加速感が明らかに増してます

なのでブン回す時よりポンポンシフトアップしていったり中回転域あたりでシフトアップする走り方でタイム計測したらもうちょい違いが出るかも

費用対効果を考えたらどうなんだ、と聞かれたら…

楽しく乗りたいのなら付けて損は無し!
という感じですね

フラットトルクな感じだったのが中回転域あたりからパワーが盛り上がる感じが増してます
中、高回転域を使ってキビキビ走るとこれがまた結構面白いです
ショボいながらもパワーバンドを使って走れますw

キタコ KITACO/ビッグスロットルボディセット

キタコ KITACO/ビッグスロットルボディセット スーパーカブ110/プロ


装着は純正のスロットルボディを外して、パーツを移植して戻すだけ
必要工具は特殊なものではセンサー類を移植するのにT20、T25のトルクスレンチが必要になります

あと取り付けのコツとしては…
一度エアクリーナーボックスを外してしまった方が手っ取り早かったです

説明書通りのやり方だとインテークを外すってあるのですが
8mmメガネレンチで外して…
片方はスルっと回ったものの、もう片方は一発で舐めた
何だこりゃ
ボルトの精度酷くないか
一応ちゃんとしたメーカーのメガネレンチ使ってるんだけど…
何故舐めたのか自分でも分からないけど、見事に舐めました
軽くですけど
足掻くのも面倒になったのでエアクリーナーボックスごと外してインテークは外さずスポンと抜きました

ボルト類が何か安っぽいというか
カウル外すのですら単なるプラスネジが鬼トルクだったり
何でだよ!っていうくらいの鬼トルク
ドライバーを押し付けて思いっきり回しても回らない箇所もあったり…
スピンナハンドルにプラスネジ用のビット付けて叩いてようやくカキン!と緩むくらいの堅さ…
かと思えばフランジナットみたいにゆるゆるだった箇所もあったり…
ガスケットが異常な潰れ方していたり…

まぁそんなところもありますが、車体自体は特に不具合も無く快調です
JA10も値下げされて最後に叩き売りされそうな予感
買いですw


さて、ビッグスロットル装着後は良い感じではあるのですが
ここ最近ちょっと気になる点も出てきました

・エンジン始動直後にスロットルに付いてこない事がある
・始動直後アフターファイアが出る
これは本当に始動直後だけですけどね
でも両方共500mも走れば出なくなります

・アイドリング回転数に落ちる時に一度引っかかってから落ち着く
走行に支障は無いので気にしてませんが、タコメーター付けてたら気になってたかも

あとは中回転域からの速度のノリが良いからか
低回転域でのトルク低下を感じる
それかこの低回転域でのトルクが普通で中回転域から盛り上がるようになったからトルクが落ちたように感じるのか…

でも普通に考えたらスロットルボディが大径になってるから今までのスロットル開度でもエア流入量も増えてるわけで、更に吸排気もイジってるとなると薄くなってると考えるのが普通かなぁ

imap…

買っちゃおうかな…

マフラーもキタコだし…
カプラーオンだし…

キタコ KITACO/I-MAP カプラーオンセット

キタコ KITACO/I-MAP カプラーオンセット スーパーカブ110/プロ




悩みながらも既に買い物かごに入れてあってあとはポチるだけでもありますw


あ、あとは排気音が明らかに太くなってます
静かでジェントルだったクラシックダウンマフラー
プラグコード交換で音が太くなったと思っていたらビッグスロットルボディでまた明らかに図太い音になりました

動画で聞くと微妙かもしれませんが、結構勇ましい音になりました

一度純正マフラーに戻して乗り味体験してみても良いかなぁ
posted by こーいち at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

お久しぶりでございます

結構前に書いたのがそのまま残ってたので投稿
ネタは色々溜まっていて書こうと思いつつ気付いたらこんな放置に…
ちょいと持病がありまして、そちらの方で色々と…
すんません
今はここに書いてある内容からまた仕様変更してるので近々また一気に更新していきます


台湾から遊びで帰ってきて、それからはまぁある意味ちょっと怒涛の時期といいますか
なかなかブログを書く暇は…あるっちゃありましたが…w
色々と不安定な時期やら用事やらが重なり放置に…


とりあえずネタとしてはシグナスの駆動系…
クラッチスプリングをKITACOのものに変更
センタースプリングは安売りしてたのでお試しがてらで3%UPを入れてみて

泥沼にハマりましたw

クラッチ周り強化するからボスは1.5mmロングだし
ボスワッシャーは純正の0.35mmで良いかなぁ、と思ったのですが
DSC_0642.jpgDSC_0646.jpg

もうちょい落としこめるな、と
今までは真ん中ギリッギリまで当たっていたのでやっぱりそこまで落とし込もう、と
1.5mmロングボスにワッシャー0.5mmに落ち着きました

WRセッティングも振り出しに
10g、9gを買い足して試行錯誤

ちなみにDAYTONAプーリーでの加速も暫定ながら撮影してあります
これはセンスプとかそこらはノーマルの状態
前の動画の時はクラッチの当たりが出てなくて滑り気味だったんですが、その時のが出だし良かった気がする
クラッチスプリングはこれ以上強化したら街乗りし辛くなりそうでもあり…
いや、WR調整でまだいける、と思ったり…

KITACO社のだと大体スロットルじわ〜っと開けていって4000rpmくらいでじわっと動き出し感じです
DSC_0639 (1).jpg

キタコKITACO/強化クラッチスプリングセット

キタコKITACO/強化クラッチスプリングセット シグナスX

台湾純正よりも固いかと
国内純正だと確か3000rpmも回らない状態で動き出してた気がするので
で、台湾純正だとそれ+500rpmくらいで…
記憶が曖昧ですけど…w

ただこれくらいなら全然街乗りも犠牲にならず、もうちょいイケそうでもあり
悩みどころです
これの前に付けてたのがNCYの1000rpmUPのやつです
あれよりちょっとだけ固い、っていう程度
回転数にしたら100rpm違うかどうか、ってレベルで誤差の範囲でもあります

てことで一応動画
プーリー:DAYTONA
ボス:KN1.5mmロング
ボスワッシャー:0.5mm
WR:8g×3、7g×3

クラッチ:純正
クラッチアウター:アドプロ
センスプスライダー:アドプロ
スプリング:NCY1000rpm
センタースプリング:純正
トルクカム:NCY直溝

ベルト:KITACO
マフラー:ウインドジャマーズ スクデットパイプ
吸気:ノーマル

です



〜〜ここから2016.09/13に記載〜〜

さて、現状は3%UPのセンスプはやめて純正に戻してます
DSC_0649.jpg

DAYTONAデイトナ/スーパークラッチセンタースプリング

DAYTONAデイトナ/スーパークラッチセンタースプリング AXIS


色々試してオススメ商品もありつつ
何から書こう

3%UPをやめた理由
レブリミットに即ブチ当たる!!
それだけですw
i-mapとかでレブリミット引き上げてあげても良かったんだけども
そこまではなぁ、と…

加速と再加速の鋭さは魅力だったんですけどね
またローラーセッティングして云々が面倒になったんでいつものセッティングに戻しただけですw
現状でもレブリミットには当たりますが…

ただ、友人のシグナスXとツーリングに行った時
駐車場で工具箱広げて何度か試乗してもらってセッティング変更4~5回

クラッチ側ノーマル(台湾純正スプリング)
それで3%UP投入
プーリーを手持ちのBMFの13.5°投入
WRは7g×3、8g×3
マフラーはリアライズ
フェイスは試した結果純正14°

これにて大満足してもらえる仕様になりました
発進からグオ〜っと回転数上げつつ加速する感じ
自分のより加速明らかに良いですw

加速が良い
トルク感が良い
なめらかな変速が良い

人によってどれが一番ベストセッティングなのかは好みで変わるのでどれが良い、とは言えないのが難しいところ
加速良くしたい、と言われてもトルクで変速していくか高回転でガンガン行くか
難しいところです

特に大幅な仕様変更はしていないのでまたチマチマと書いていきます

あ、あとはこっそりとメインバイクが大型復帰してますw
DSC_0924.jpg

こいつです
Ninjaです
GPZ900Rです
国内仕様ですけどね
走行は相当いっているものの、エンジンかけたら異音皆無
前乗ってた人が一度色々やってるな、っていうくらいの快調っぷり
それで激安だったもんでつい

今年はこれでまた2000kmほど夏は放浪してきました

何乗ってるの?って聞かれて
Ninja
と答えたら昔なら
あぁ、Ninjaね!
っていう流れ

今だと
何乗ってるの?
Ninja
250?
って聞かれるワンクッション

Ninjaと言えばGPZ900Rだろうが!!!!
と言いたくもなるけど
Ninja250も良いバイクだと思いますよ
でもNinjaって名前を使いすぎててもはや…
(´ε`;)ウーン…
って感じです

特にこれもイジってないですね
元々色々付いてたので
サイレンサーをヤフオクのやっすいチタンのにしてみたくらい
DSC_0943.jpg
フルエキ付いてたけど、色々見まくって…
多分チェイスモーターのフルエキだったんだろうな、と
4-2-1です
4-1のマルチらしい音も良いですが、4-2-1の音のが好きなんで良かったです
ドロロロロ…って音

あとはタンデムバー外してあったんでヤフオクで100円調達
できればノーマルマフラーに純正カウル付けて乗りたいんですけど…
オイルクーラーも交換してあってサブフレーム的なのも付いてて
まぁこれで良いか、とw
ステーから買い直さないといけないし…

元々付いてたローダウンシートは乗り心地悪いのと見た目が好きじゃないので純正シートをヤフオク調達
フルノーマルのスタイリングのが好きなんですよねぇ…

ETCは助成金を有りがたく活用して工賃込セットアップ車載器込で13000円だかそこらでした
安くなったもんです
というか今までが高すぎたんですよね
いくらなんでも…
DSC_0680.jpg
取り付け箇所は定番の場所

あぁ、あとはこれまた定番のZZR1400用のクラッチレリーズに交換しました
マスターシリンダーはCBR1000RR用の1/2ニッシン
DSC_0697.jpg
クラッチスッカスカなほど軽くなって満足です
マスターは貰い物の事故車のやつ
カップが割れてたので元々付いてたのを移植
あとは全バラグリスアップ

クラッチレリーズはkawasaki純正新品6000円くらいだったか
微妙に段差があるのでスプロケカバーをドリルで削って装着

それくらいです
ツーリングで疲労軽減に大幅に貢献してくれました

リミッターは100円カットw
機械的に扇部分がメーターに入ると云々っていう原始的なやつなので
それを100円のボルト買ってきて手持ちのワッシャー噛ませて浮かせただけです
ちゃんとカットされてました
庭でカットされてるの確認しましたw



長くなりそうなので最後にオススメ商品を2つほど紹介
まずエンジンオイル
DSC_0593.JPG
久々にリピート購入してるオイル
V125、DIO110でも使ってたけど、シグナスに使ったら一番良かった
吹けが良い感じ
重くもなく、騒々しくも無く
滑らかに回転数が乗って行く感じです
フィーリングだけで言えばワコーズのトリプルアールに近い感じを受けました
あくまでもフィーリングだけで言えば、です
ここらの価格帯でのスクーター専用オイルとしては一番良い気がします
elf、モトレックスあたりも使いましたが

現状のセッティングもレブリミットまで回せる仕様で夏場もガンガン乗ってましたが問題なし
2000km手前で交換したけどオイル粘度もそのままにまだまだ使えるレベル
交換したのも同じこれ
シグナスで駆動系イジってる方にはオススメ
ボアアップとかまでいくともっとグレード高いのが良いとは思うけど
ノーマル排気量ならこれがベストな気がする
毎回オイルは銘柄変えてるけど、久々にこれに落ち着きそうです


PANOLINパノリン/BLEND 10W-40 [1L] スクーター

PANOLINパノリン/BLEND 10W-40 [1L] スクーター



あとはこいつ
DSC_0941.jpg

本来はGPZ900Rに添加するつもりで買って
余ったからシグナスにも投入
当時走行2000kmとかだったから効果無いだろうけど何となくで
したらば明らかに吹けが軽い
なんだこれは、と
燃費も向上
なんでだ、と
次ガソリン入れても効果続いてたら本物だな、と思ったら
相変わらず好調

なので現在4500kmでまた入れましたw
2000kmでなんであんなに変化感じたのかは分からないです
エンジン内部も見てないんで
ただ明らかな変化を感じたのは事実
プラシーボでもなく明らかな変化がありました
インジェクターでもキレイになったんかな
分からんですけど
良くなったんだからそれで良いんですw

定期的に入れても良いかな
この値段なら…
一度で全部使えないから何人かで買っても良いし…

YAMALUBEヤマルーブ/PEAカーボンクリーナー

YAMALUBEヤマルーブ/PEAカーボンクリーナー


オススメです

posted by こーいち at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

久々更新、シグナス仕様変更+ガラスコーティング系のアレ

久しぶりの更新
ネタは貯まってますw

何してたのかというと、まぁ色々とゴタゴタしつつ…
忙しいっちゃ忙しい日々
そんな中、先月は台湾行ってました
遊びですけどw

スクーター大国です
新型のシグナスも結構見ましたが…
ありゃ速いっす

あとは台湾仕様のスクーター…
シグナスも大量でしたが
速いですw
どう見てもノーマルなのに速い

あとは台北だとマフラーの規制が厳しいので、ノーマルタイプの社外付けてる人も結構いましたね
あと多かったのがLEDたくさん付けてる人
ファンカバーとか、ブレーキと連動してハザード風に光るウインカーとか
ウインカーポジションとか
派手だなぁ、って見てたんですが…
しばらく滞在して納得しました

あれは安全のためですね
とにかくまぁ運転がみんな凄いんです
車もバスもタクシーもスクーターも
いかに自分の存在をアピールするかってのが安全に繋がるんだろうな、って感じで

真似しようかなw
向こうだと「勁戰」って呼びます
シグナスの事
直訳したら「はくちょう座」って出たけどw
発音聞いたら…
チンジャン
チン(グ)ジュァン、みたいな
小さいグが入ってジャンもヂュァンみたいな
日本語にない発音でムズイ

まぁでも楽しかった
夜になるとみんな法定速度の倍くらいの速度で追い越す追い越す
スイスイ車を縫って走るからまぁ凄かったです
DSC_0456.jpg
DSC_0595.jpg
DSC_0599.jpg
DSC_0593.jpg

カスタムされてるのも結構多くてカッコ良かった


それはさておき、まずはガラスコーティング的なアレ
CCウォーターゴールド使いました
ゼロウォーターとか、CCウォーターとか
こういうの最近流行ってますよね
ゼロウォーターは持ってたのでCCウォーター使ってみました
ついでにゴールドとかいう一番良いっぽいやつ
DSC_0225.jpg

洗車して、拭きあげる時にシュっとスプレーして一緒に拭くだけです
お手軽
その後ドライで新たなマイクロファイバークロスでもう一度施工

今まではプレクサス使ってました
雨が降るとムラが出るんですよね
それが気になって
分かりづらいとは思いますがこんな感じに
DSC_0201.jpg
DSC_0209.jpg

だもんで一度洗車
その後拭きあげ、ドライでもう一度施工で完了

結果は…
DSC_0248.jpg
DSC_0283.jpg
DSC_0282.jpg
DSC_0294.jpg
DSC_0243.jpg

素晴らしい
お手軽で凄い艶
後は一番良いのは撥水力
雨が降ってもコロコロ転がって飛んでいってくれる
素晴らしいです
これは継続購入確定しました

雨降った後に車体拭くついでに施工しちゃっても良いし
つーかドンキで買ったけどネット検索したら1000円以上安いやんけ…


これはスプレー部分が付いてない付替え用
ですが…
100均で売ってるスプレーボトルに入れ替えたら普通に使えますよ
部屋に転がってるし…
ちょっと損した気分ではありますが…

まぁ普通の量でも使い切れないくらいなので…
すでに6回くらい使ってますけど減らないったらありゃしない
次はデカいの買って車にも使おうかな

久々にこれは大ヒット
オススメです!


さて、あとはシグナスの仕様変更
今回はプーリーをDAYTONA社の物に変更


DAYTONAデイトナ/ウエイトローラー付きハイスピードプーリー

DAYTONAデイトナ/ウエイトローラー付きハイスピードプーリー アクシストリート

加速、最高速が向上。
ローラーガイドの形状をとことんまで煮詰めたハイスピードプーリーです。


付属のWRが11g
9gが多い中、11g
国内純正比で1gしか変わらない

そしてローラーガイド形状をとことん煮詰めた、と
付属WRが重めなのもあるし
プーリーの中では後発ってのもあるし
期待を込めて購入

結果から言うと…
最高!!!です
これ本当に良いです

付属の11gでもグイグイ走る
それまでは13.5°プーリー、そこから14°プーリーをお試しで使うのに純正に変更
純正でWRを7g×6
それより速いです
トルク感残しつつグイグイ加速していきますよ

11gで純正プーリーから+24gになっているのに…
高回転まで気持良く変速していきます

お試しで9g×6にしてみたけど、まぁ速いです
過去最速かもしれませんこれ

ちなみに重さは
DSC_0680.jpg
313g

純正が347gなので34gの軽量化
軽さで言えばBMFのプーリーのが軽いですね

直径は+5mm
DSC_0681.jpg
DSC_0683.jpg

角度は14°
screenshotshare_20151029_124034.png

ボスは1.5mmロング、ワッシャー抜きで11gで走っても速い
そこから加速に更に振るためにボスワッシャーを純正の0.35mm追加で+1.85mm
WR9g×6

変速が9000rpm弱で9500rpmまで回って最高速は3桁+6km/hまで確認
風防付けて普通に乗っててこれですから
風防外して伏せたら3桁+10km/h行きそうです

純正との比較
DSC_0686.jpg
DSC_0687.jpg

黒くて分からん!
ローラーガイドの移動量は一緒です
エンド部分が純正より滑らか
スタート部分の出っ張りは無し
にしてもここまで変わるか、ってくらい良好な加速

必要十分な加速だったものの、シュパっと変速回転数まで移行させたかったのでクラッチミートを上げるのにNCYの1000rpmアップのクラスプに変更
DSC_0428.JPG
じわ〜っとスロットル開けていって動き出すのが大体4500rpmほど

台湾純正クラスプから大きく変わること無く、乗りづらくならず理想通り
台湾純正だと国内+500rpm
NCYの+1000rpmが台湾純正から+1000なのかどうなのか
対応車種にBW'Sが記載されているから台湾純正+1000rpmなんだと思いますが
そうなると国内純正+1500rpm

結構な強化だとは思いましたが、全く街乗りでも渋滞でも気にならないレベル
むしろ快適です

NCYエヌシーワイ/クラッチスプリング 1000rpm

NCYエヌシーワイ/クラッチスプリング 1000rpm BWS125



安いしお試しがてらの購入ですし
十分満足

金属片があるのは装着で手間取ったからですw
いつもクラスプ装着に使ってる先端の尖った千枚通し形状で固いヤツ
あれが見当たらずマイナスドライバーでやってたので
四苦八苦しつつ、最後に2本使ったら簡単に入ったので次からはもっとすんなり出来るかな…
あの千枚通し的なヤツが見つかれば一発なんですが

普通の千枚通しも持ってるんですが、あれは即座に曲がってポキっと折れたので論外w


クラッチの当たり面も見てみたら、ちゃんと全面キッチリ
DSC_0690.jpg

純正プーリー使用していても明らかに変速が下がってエンブレが強力になってきたのでクラッチがガッツリミートしてる感じなのかな、と思っていたので見て納得

近々また動画でも撮ってきます
長くなりそうなのでここらで終了
posted by こーいち at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

シグナス駆動系、変更点その他

やたら長くなりそうだったので2つ目の記事投稿
記事数稼ぎではないですw
前の記事も5日かけてあれだけしか掛けなかった事実…orz
最近全てにおいてモチベーション下がりつつあるもので…
今は暇&暇&暇で書けそうなので書く!

現在の駆動系内容
まずは外観
RIMG0796.jpg

変更点は
ドライブ側
プーリー;BMF 13.5°プーリー
フェイス:MFR 13.5°鍛造フェイス
ウエイトローラー:7g×6
プーリーボス:KN企画1.5mmロング
ボスワッシャー:純正0.35mm追加

ベルト:純正

ドリブン側
トルクカム:NCY 直溝
トルクカムピン:KN企画 2分割ピン
センタースプリング:純正
センタースプリングスライダー:アドバンスプロ
クラッチスプリング:台湾純正 約500rpmUP
クラッチアウター:アドバンスプロ

こんな感じです
あんまりイジらないでおこうと思いつつ…
気付いたらこんな事に
まだまだ序の口だとは思ってますが…
セッティングも暫定でまだまだ伸びしろがある状態ですもんで

加速は前回貼ったYoutube参照で
最高速は3桁+7km/hまで確認済み
風防外して伏せたらもっと伸びてくれる
でも殿様乗り+風防の普通の状態で出せる速度が最高速だと思っているので暫定これにて決定
レースするわけでもないので…w


結構加速寄りにしてるのですが、最高速はじわじわというか
普通に伸びてくれる
純正マフラーだと3桁になんとか届く感じだったのが加速寄りにしても伸びるという
ウインドジャマーズ管、買いましょうw
ここまでハマったマフラーは本当に数少ない
純正19Φバッフルでも十分
自分のは高回転使うので22Φロング
25Φロングも買いましたが、興味本位で切断してショートバッフルと同等の長さにしてみたところ…
ちょっと音質と音量がイマイチになってもうたので…

オススメは断然ロングバッフルです
ショートバッフルにするなら19Φくらいで良いのではないかな、と…
ロングバッフルも22φでちょうど良い感じ
レースやってる人だと10g×3とかだったりするらしいんで…
その場合は口径の大きなショートバッフルとかが有効でしょうけども
街乗りならロングバッフルで間違いなしです
精度も凄い良くて軽くコンコン叩かないと入っていってくれない
抜く時も一苦労
それくらいジャストな寸法で驚きます
おかげでバッフル特有のパタパタ音とかが皆無
純粋に音質は犠牲にせず音量だけ下げてくれます

ウインドジャマーズ/スクデットパイプ マフラー A/F有

ウインドジャマーズ/スクデットパイプ マフラー A/F有 シグナスX


使用しているパーツを個別にちょろっと


M-Factoryエムファクトリー/MFR 鍛造プーリーフェイス 13.5度

M-Factoryエムファクトリー/MFR 鍛造プーリーフェイス 13.5度 BWS125

まずはコイツです
鍛造プーリーフェイス
軽い!見た目良い!
欲しかった13.5°!
何よりもユニバーサルホルダーがそのまま使える!w
RIMG0793.jpg

質感も抜群ですし、ベルトの食いつきも良好
鍛造ってのがもう堪らんですわ
見た目からしてやってくれそうw
レスポンスは確実に上がってます
14°だと色が黒だったかと
これポン付けでも結構特性も加速感も変わるかと思います
オススメ!


NCYトルクカム
純正だとこんな形状
RIMG0756.jpg
トルクカムのピン位置は上からスタートして最大変速で一番下です
途中から一気に角度変化してるのでなかなかそこからは…という感じなのかな

NCYだとへの字と直溝選べて…
への字だとコレ
RIMG0754.jpg
直溝はコチラ
RIMG0755.jpg

両方試しましたが、街乗りならへの字のが扱いやすいです
直溝だと当たり前ではあるのですが、スロットル操作と直結して回転数が変わるのでパーシャルでの巡航がなかなか難しくもあり…
への字溝でもNCYの方が高回転まで使えるので用途に応じて、でしょうか
純正より緩やかなへの字ですしね
これくらいのが良いです
純正で完全に変速させるにはパワーが足りない気がしないでもないですし…

安いのでお手軽に買えて満足度も高くてオススメ!

NCYエヌシーワイ/トルクカム

NCYエヌシーワイ/トルクカム BWS125


今のところ何もトラブルも無く
Oリングが唯一不安だったもののグリス漏れも無く一安心
グリスが飛び散るような状態だったら純正のOリングと交換しようと思っていたので

使用グリスは毎度恒例のオメガグリス#77
RIMG0760.jpg
RIMG0765.jpg
塗布途中ですが、美味しそうな色してますw

あとは2分割トルクカムピン!
これは本当にオススメ
V125でもこれみたいですが
動きが段違いです
純正と違って周りの部分が動くのでスムーズ
付け替えてトルクカムを動かすだけで動きの違いが明らかにスムーズなのが分かります
RIMG0757.jpg
RIMG0758.jpg

KN企画/二分割トルクカムピン 【シグナスX】

KN企画/二分割トルクカムピン 【シグナスX】 BWS125/X


トルクカムまではちょっと…
って場合でも、このピンに交換するだけでスムーズさは段違いだと思います
お値段もお手頃ですし
交換しておいて損はしないと思います
本当に


ちなみに純正トルクカムのグリスを除去してオメガグリス塗布したのですが
純正グリスはグリスと言えるのか…
固まってたし…
内側はパーツクリーナー吹いたらポロポロと固形物が落ちてきました
RIMG0759.jpg
交換ついでにYAMAHAのグリースEかオメガグリスあたりで再グリスアップしてあげると良いかも

カスタムしないまでも一度全バラ清掃+グリスアップで結構全体的に動きが良くなると思います
ロスは最大限に減らさないと勿体ないw


さて、お次はスプリングスライダー
これはV125が出た当初、カメファクだかから出てたのを使って…
めっちゃくちゃ再加速スムーズ!
最高じゃないか!
と感動した一品
今は各社が出していて質感も構成も色々変わってます
ベアリングが大きくなっていて、厚みもそこまで厚くならないようになってます
現行のシグナスだとセンスプも強化されてるらしいのでスプリングはそのまま
ちょっとだけ固くしたかったのでコレを入れてちょっとだけ強化+動きをスムーズにって事で
RIMG0778.jpg

これは付けたら誰でも分かるくらい動きがスムーズ
純正だとセンタースプリングが当たる箇所にゴムが巻いてあるんです
それがなくなるだけでも動きが改善
さらにベアリングでこれでもかというほどの動き
クラッチ組む時に既に
何じゃこのスムーズさ!!
と感動すること請け合い
再加速の時もロス無くスイっと回転数も上がって気持ち良いです
ベアリングが転がっていくと探すの面倒なのでダンボール敷いたり、部屋でやったりするのがオススメ

ADVANCEProアドバンスプロ/NEWシグナスX Fi 高剛性 ベアリングスライーダー トルクカムカバー付き

ADVANCEProアドバンスプロ/NEWシグナスX Fi 高剛性 ベアリングスライーダー トルクカムカバー付き NEWシグナスX


昔買った時は他社が出してないからかもっと高かった気がする
このアドプロのスライダーは明らかに当時買った某カメ○ァクのより質感が良い
そして安い
絶対にこっちのがオススメ
ベアリングもこっちのが大きいです

KN企画の1.5mmロングボス
RIMG0776.jpg

ボスワッシャー追加しまくってたのでそれを付けないか、1枚くらいにしたいので交換
ワッシャー何枚も入れていて破損でトラブルとか嫌なので

おかげで3枚抜けました
RIMG0777.jpg

ただ…
耐久性はどうなんだろ
純正ボスより耐久性は劣る気がします
KITACO社のDLCプーリーボスが欲しいとは思っているのですが
あれの1mmロングとかラインナップしてくれないかなぁ、と…


キタコKITACO/DLCプーリーボス

キタコKITACO/DLCプーリーボス BWS125


プーリーはまぁとにかく高速回転するものですし
ロスは少ないほうが圧倒的に有利
次の交換候補ですコレ

って事で色々見てたら…

弾丸工房/TFC ベアリングプーリー

弾丸工房/TFC ベアリングプーリー BWS125


プーリーボス部分にニードルベアリングが…!
なんだこれ
本気で欲しいというか
こっちにすりゃ良かった
これにDLCコーティングのKITACOプーリーボス使ったらプーリーの動きがもうこれでもかとスムーズになるでしょうな…

もうほしいもの多すぎてヤバイです
パーツ豊富なのは嬉しいですが
物欲が止まりません

今日はとりあえずちょっとセッティング替えて試走がてらパーツ屋行って物色してきます
クラスプだけでも1000rpmに替えてみようかな、と…
posted by こーいち at 10:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

アドレス110発売とのこと…

SUZUKIから新車種として新型アドレス110発売!
完全にDIO110の対抗馬という感じ

Suzuki-Address-2015-7-4652-1412150186.jpg

150cc前後だとHONDAはPCX150
対抗はYAMAHAでマジェスティS
ちょっと上の排気量でSUZUKIのバーグマン200

グローバルモデルが増えてきてますな

アドレス110の公式ページリンク
http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uk110l5/top

Youtubeリンク


アドレス110は結構魅力的
見た目は14インチホイールやらポジションランプやらでDIO110と同系統
シートもV125だと2人乗りはキツイけどアドレス110だとシートが長くて快適そう

比較がてら両者のスペック見てみた

車両価格
DIO110:205200円
アドレス:205000円

排気量
DIO110:107cc
アドレス:112cc

車両重量
DIO110:103kg
アドレス:97kg

馬力とトルク
DIO11O
8.4ps/8250rpm
0.89kgf・m/6500rpm

アドレス110
9.1ps/8000rpm
0.88kgf・m/6000rpm

シート下収納
DIO110:18L
アドレス:20.6L

定地燃費
DIO110:52.0km/l
アドレス:53.0km/l

その他詳細は各社のページで…


かなり似てるスペック
値段も200円違いでタイヤサイズは同一

アドレス110のが+5ccで馬力も+0.7ps
それでいて重量は-5kg

アドレスのが最大トルクが500rpm低い回転数になってる
あとは公式ページに書いてあるのだと
「高回転型カムシャフト採用」
的な事が

ローラー軽量化してブン回して乗ると結構面白い感じなのかな


あとは純正でサイドスタンド採用
ポジションランプ採用
カットフロアボード採用
ここらは欲しい装備というか、あれば便利な装備
シート下収納もフルフェイス+α入るのが良い

一番気になるのはメーター!!!
探しても出てこない!!!

Youtubeの動画ガン見したけどハッキリ出てこない…
コマ送りで見ててメーター真ん中に液晶っぽいのが見えた気がするけど…

オド、トリップ、時計とかだったら最高なんですがね…

動画見る限り、最後のほうで純正オプション装着車が出てたけどGiviボックスがDIO110みたいに間にベースステーみたいな挟まずそのまま固定されてるようにも見えたし…

DIO110にGiviベースステー、サイドスタンド付けるのを考えたらこっちのが安い


何はともあれこれは個人的に気になる車種が出てくれたな、と
続報に期待します

実売で乗り出し19万とかかな…

見た目は好き嫌い分かれそうですが、このシャープな感じは好きですw
posted by こーいち at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする