2014年11月22日

アプリオのメンテとちょいイジり

〜〜〜〜〜追記〜〜〜〜〜
元々付いてたマフラーと今回の補修マフラーの内径を計ってみた。
外径はほぼ一緒
エキパイ側
旧:21.6Φ
新:20.3Φ

排気口(ちょっと楕円に曲がってる)
旧:13.6Φ〜14.6Φ
新:11.4Φ〜13.6Φ

内径絞って音量小さくしてる感じかと。
ってことで旧マフラーに戻しましたw
新マフラーは高回転でひたすら苦しそうだったので…
あと純正がジョグ90の3WFマフラー装着なので内径はデカくないと本来のパワー出なさそう

〜〜〜〜〜追記終わり〜〜〜〜〜

スロットル半開まで使い物にならない状態だったアプリオ
全開にすりゃ走るから後回し…

と思っていたのですが
全開で走るもんだから燃費が酷い
13km/lを記録
街乗りとはいえグラマジェより悪いじゃん…

ってことで寒いから嫌だったけどキャブやるか…
シート下カウルやらサイドカウル外すから…
プラグコードとIGコイル、プラグ交換ついでに調整を…

RIMG0100.jpg
RIMG0098.jpg
RIMG0063.jpg
IGコイルはヒロチーのレーシングIGコイル
前に買って使ってなかったのが部屋に転がってたもので
プラグコードはテイラー
1300円というお値段が決め手

外した純正のプラグコードは自立するほど硬化しておりました

ダストカバーは直接プラグホールの穴に付けて、その上からテイラーのプラグコードを挿しただけですが
無いよりはマシかな、と…


交換後は始動性が明らかにup
安定性upは確実です
性能upというより本来の性能に戻りました
でも吹けとトルク感が上がって気分良いです
純正のIGコイルより多少は良くなってる…
と信じますw


ヒロチー/レーシング イグニッションコイル

ヒロチー/レーシング イグニッションコイル



Taylorテイラー/プラグキャップ付きシリコンプラグコード

Taylorテイラー/プラグキャップ付きシリコンプラグコード



とりあえず開け始めが明らかに濃い
というか濃すぎる
エアスクリューで調整して…
まずは今の位置をマジックで線引いておいて…
全閉にして…

ん?

動かん…
まさか…


はい
元々全閉でした


そら濃いわ!!!!
というかよく走ってたなこれで…
無理やりアイドリング上げてあったのか…
売る時に気付いてくれよ…
というか俺も乗ってすぐ気付けよっていう…


とりあえず定番というか
基本である調整方法
アイドリング回転数を上げてエアスクリュー回していって回転数が高くなるところを探す

あとは自分はそこからブリッピングして、1/4くらいずつエアスクリューを開閉して、もたつかずに吹け上がる箇所を探る
見つかったらそこを基準に1/10ずつくらい開閉して一番回転数の落ちが良い箇所を探す

そして完了
試走


なんだこれ
こんなに乗りやすくて速かったんだ…
っていう感想…w

ちょい開けでもしっかり速度が乗る
おかげで街乗り燃費が23km/l

何度かエアスクリュー微調整するのに庭でブオンブオンやっててこれだから…
ほぼ2倍
ツーリング行けば30km/lは走ってくれそうな感じ
タンクが6Lだから150kmは安心して航続出来るかな


あとはこれまた定番のNISHIMOTOのサイドスタンド
凄いしっかりした作りで、説明書も車種別で丁寧
多少値段は高いものの、質感としっかり感、作りの丁寧さで納得

無くてもまぁちょっと面倒なだけだし…
って無い時は思うんですが
付けると
無いと無理!
ってなるブツ
それがサイドスタンド…

RIMG0058.jpg

NISHIMOTO  西本工業/サイドスタンド

NISHIMOTO 西本工業/サイドスタンド APRIO

カッターでアンダーに穴開けてそこを通してステップボード下部にある穴に固定
便利です


そしてトルクカムメンテナンス
これまた定番のオメガグリスを使用
徹底的に清掃して
RIMG0087.jpg

オメガグリスの#77で完了
めっちゃくちゃスムーズになって満足
一度もメンテナンスされてないのか何なのか
グリスがほとんど飛散してた…
危ない…

Oリング交換しても飛ぶんだよなぁ…
ヤマハ車特有なのか何なのか…
グリスアップ後は何度かバラして脱脂してます
クラッチシューもサンドペーパー使ったりやら何やら


あとは羽根が折れてたドライブフェイスも交換
せっかくなのでキタコのヤツ
RIMG0133.jpg

結構特性が変化して面白い
加速寄りになりました
変速完了が早まって、50km/hくらいからグワ〜〜〜って回転数と速度が上がってく

ローラーセッティングで最高速重視にも超加速でカッ飛び仕様にも出来ますなコレ。
純正のフェイスは完全に端っこまで使えてました

プーリーとの組み合わせでどっちもイケそう
現状、ヒロチー(横綱)プーリーとの組み合わせだと結構悪くない
純正のフェイスだと中速域でスロットル固定が難しかった
パーシャルにしてるつもりでも保つのが難しい
レスポンスは良い、というか良すぎる感じ

それがキタコフェイスで上手いこと街乗りの速度域だと速度維持しやすくなりました
50km/hくらいからグワ〜っと回転数上がってくるので高回転型のスポーツマフラーなんかだったらちょうど良いかな
チャンバーだともっとWR軽くしないとダメそうですが



ヒロチーのプーリー
横綱プーリーと全く同一ですが
安い割に良いです
RIMG0050.jpg

ヒロチー/ハイスピードプーリーセット

ヒロチー/ハイスピードプーリーセット JOG


ポン付けで余裕でメーター振り切りです
規制前JOG、3kj、4vp、4lvなんかは回転数リミッター無いからこれ付けるだけで良いと思った…
付属の強化スプリングは最初は付けずにプーリーのみ
その後付けて走行

極端にミート回転数が上がるでもなく、結構良いです
街乗りでも神経質な感じは無いです



そしてマフラー交換
純正同等品というか補修品
これがまた…
微妙です
作りは当然、酷いですw
何しろ2600円ですから…

外観は良い
遠くから見れば良い
RIMG0118.jpg

近くで見ちゃダメなヤツですw
RIMG0119.jpg

RIMG0122.jpg


溶接とか知らん自分でも酷いと思ったので…w



今まで付いてたのも補修用マフラー
錆が酷かったから安いしついでに交換


が!
アプリオタイプ2には合わんかったです
取り付けはポン付けなんですが…
特性が…orz

50ccでも3WFマフラー(ジョグ90用)が純正の車種があるんですが…
その車種には合いませんね

中低速は上がったけど高回転が全く使えない
最高速-10km/チョイ
到達速度も遅い

純正マフラーが普通のアプリオだと4VPの品番
タイプ2だと純正で3WFの品番

普通のアプリオだったり規制後だったりすればこのマフラーでも悪くないと思います
あとは街乗り中心の場合とか

タイプSでサイレントって書いてあったけど…
そうでもなかった…

アイドリングは静かだけど、音質が甲高いから五月蝿く聞こえます
2stらしい音と言えばそうですが

まぁこの値段ならヨシとしておきます
でもやっぱり元に戻しますw
50km/hから回転数がグワ〜って上がるのに速度がモッッッサ〜としか伸びないのが何とも…
あと音が耳障りで…



とか何とか
チマチマ遊びつつ貧乏メンテ+カスタム楽しんでます

120km/hメーターのフューエルメーターは純正のフューエルメーターから抵抗を移植したら正常な表示になりました
社外の見たら抵抗1つしか付いてなかったので
一安心
posted by こーいち at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409363306

この記事へのトラックバック